php テキスト出力 file_put_contents

デバッグ用でこの命令を時々使ってます。

スポンサーリンク

file_put_contentsk関数

基本的な使い方

file_put_contents(書き込むファイルパス,書き込む文字列,フラグ)

フラグを省略した場合は、上書きモードで書き込みを行います。
フラグには「FILE_USE_INCLUDE_PATH、FILE_APPEND、LOCK_EX」とありますが、私がよく利用するのは追記モードのFILE_APPENDぐらいです。

フラグ

フラグ名 処理内容
FILE_USE_INCLUDE_PATH 書き込むファイルをインクルードディレクトリから探す
FILE_APPEND 追記モードで書き込む
LOCK_EX 排他ロック

利用例

file_put_contents(“test.txt”, “hogehoge\r\n”,FILE_APPEND);
test.txtへ追記モードで「hogehoge」を書き込む。

参考にさせていただいたサイト

・[php] http://php.net/manual/ja/function.file-put-contents.php

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。